mahuyuchanのボディビル&ダイエット(+その他日常)

ボディビル、トレーニング、ダイエット等について書いてます。 2019年より、日常のことも備忘として自分用に書いていこうと思います。

本気減量記録17日目

起床時体重 81.2kg (前日比+0.8kg)
摂取カロリー 1204kcal (目標値1630kcal)
タンパク質量 74g (目標130g)
トレーニング なし
コメント またしても夜中に食べてしまった
目標(77kg)まで、残り4.2kg

本気減量記録16日目

起床時体重 80.4kg (前日比0.9kg)
摂取カロリー 1946kcal (目標値1630kcal)
タンパク質量 86g (目標130g)
トレーニング なし
コメント 体調が悪く、数日連続で夜中に過食してしまった
目標(77kg)まで、残り3.4kg

クレアチンの効果

個人的にはそこまで劇的な効果を感じないクレアチンですが、久しぶりに飲んでみたので感想を書きたいと思います。
飲んだのは、マイプロテインのタブレットタイプのクレアチンで、朝昼晩にそれぞれ1錠ずつを4週間摂取しました。



クレアチンの効果

そもそもクレアチンの効果が分からない方もいると思うため、ごく簡単にその効果を説明します。
クレアチンは体内でクレアチンリン酸という物質になりますが、これはエネルギーの供給源となります。
使えるエネルギーの量が増える事で、今まで挙がらなかったウエイトが挙がったり、挙上回数が増えたりします。
もう一つの効果として、クレアチンが細胞の中に貯まるときに、同時に水分を細胞へ引き込むことが挙げられます。
水分が細胞内で増えると細胞は膨張しますが、この膨張の刺激で筋肥大が起こるというデータがあります。
まとめると、クレアチンにはパワーを高める効果と筋肥大に役立つ効果の2種類があることになります。

使ってみての結果は?

自分が使ってみての結果は、挙上重量は伸びたものの、それがクレアチンによるものなのかは断定できないという感じです。
マシンに慣れていったことや、筋肥大が起きたことなどが記録向上に影響しているため、厳密にクレアチンの効果だけを取り出して議論するのは難しいかもしれません。
それでも、筋力が低下するということはありませんでした。
もう一つの効果の筋肥大ですが、これも色々な効果が混ざっているので一概には言えませんが、効果がなかったとは言えないと思います。



まとめ

劇的な効果は感じられなかったものの、マイナスの印象を受けることはなかったです。
4週間摂取を続けたので、ここから2週間ほどはクレアチンの摂取をやめて腎臓への負担を軽減したいと思います。
記事検索
スポンサードリンク
最新コメント
過去のBIG3のMAX

SQ 170kg 体重 75kg
(2015/7/29)
175kg←深さ?
(2012/11/5)
BP 120kg 体重74.6kg
(2016/9/26)
117.5kg 体重 75kg
(2015/3/2)
DL 207.5kg 体重72.9kg
(2016/8/18)
205kg 体重71.8kg
(2016/8/10)

リハビリ目標
(2019/3/10更新)

スクワット 170kg
ベンチプレス 120kgクリア
デッドリフト 200kgクリア
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

コンタクト