mahuyuchanのボディビル&ダイエット(+その他日常)

ボディビル、トレーニング、ダイエット等について書いてます。 2019年より、日常のことも備忘として自分用に書いていこうと思います。

眠れなくても体は休まるのか

今回は質問のあった『眠れなくても体は休まるのか』について私なりに考えたことを書きます.

最初に断っておきますが, これは私が考えたことなので必ずしも正しい情報ではない可能性があります.

それなりに教科書を読んだりして結論は出しましたが, こんな意見もあるのだなくらいに捉えてもらえるといいです.

 

では問いへの答えですが, 私はそれなりに休まるのではないかと思います.

睡眠の仕組みは前回の記事で書きましたが, それに自律神経のはたらきを絡めてもう少し説明します.

自律神経というのは, 人間が自分の意思では操作することができない神経系のことです.

自律神経には, 体の動きを活発にする交感神経と, 逆に体を落ち着かせて休ませる副交感神経があります.

詳しく踏み込むと臓器ごとにその作用が微妙に異なるのですが, 大筋は以上のように考えて大丈夫です.

交感神経は体のはたらきを活発にするので, 主に日中に優位になります.

一方, 副交感神経は体を休ませるので, 入眠に近づく過程で優位になります.

 

それでは, 眠れないときには何が起きているのでしょうか.

要因は様々だと思いますが, その1つとして, 上記の交感神経が活発な状態が続いてしまっていることが挙げられます.

これが自律神経失調症で, メンタルの病気を持っている人はこれも併発していることがあります.

つまり, 自分の体を休ませてあげる仕組みがストレスによって一時的に壊れてしまっているのです.

このような症状が出ている場合は眠剤を処方されることが多いですが, そこまで重篤でないと感じている方もいるでしょう.

 

どうも病気ではないけれど若干眠れない感じがあるという人は, どうにかして副交感神経が優位な状態を作り出せれば問題は解決するはずです.

冒頭に自律神経は自分の意思では操作できない神経だと書きましたが, 交感神経が副交感神経にスイッチするのを手助けすることはできます.

そのための方法は世の中にたくさん出回っています.

要するに, リラックスした状態を作ればいいのです.

 

一口にリラックスと言っても難しいかもしれないので, メンタルの病気の人に勧められている『自立訓練法』というのを例として挙げます.

これは, 眠れない体を擬似的に睡眠の状態に近づける方法で, 練習をするとちゃんとリラックスした状態が作れます.

以下に簡単にやり方を書きます.

 

1. 仰向けになり大の字になる.

2. 四肢が重いと頭の中で繰り返し, そのイメージをする.

3. 四肢が暖かいと頭の中で繰り返し, そのイメージをする.

 

以上です.

本当の自立訓練法の公式はもっと長いのですが, これだけでも十分効果があります.
詳しく知りたい人はネットで探せばすぐに出てくるので調べてみてください.
ちなみに私は半年ほどこれを続けて, それなりに体を意識的に休めることができるようになりました. 
そんな訳で, この自立訓練法をはじめとして, なんらかの方法で体をリラックスさせることができれば体は休まるのではないのかというのが私の意見です.

よかったら参考にしてみてください

睡眠の重要性

長かったウイルスの苦しみからようやく逃れられました.

ただでさえガリガリな体がよけいにしぼんで悲しいですが、気を取り直してまた頑張ろうと思います.

 

今回は睡眠について書きます.

眠れないよりは眠れた方がいいというのは誰でも当たり前に思うことですが, なぜ眠ることが大事なのかについては詳しく知らない人が多いかもしれません.

眠くなる仕組みと, 眠っている間に何が起きているのかの2つの観点から, 睡眠の大切さを説明します.

 

まずは眠くなる仕組みです.

人間をはじめとする昼行性の動物は, 日の光がなくなって暗くなると眠たくなります.

これは, 光が弱くなったことを, 脳の一部である松果体が感じることによります.

光の刺激を感じると, 松果体はアミノ酸の一種であるトリプトファンからメラトニンというホルモンを分泌します.

このメラトニンがいわゆる眠気を引き起こします.

また, 神経伝達物質であるセロトニンもトリプトファンから合成されているため, メラトニンはセロトニンからも合成されるのではないかとも言われています.

まとめると, 夜にちゃんと眠くなるためには, 光の刺激の低下と, 栄養としてのトリプトファンの十分な摂取が必要ということです.

寝る前に携帯電話やパソコンの画面を見ると眠れなくなるのは, 強い光の刺激が与えられてしまうからだと考えられます.

 

次に, 眠っている間に何が起きているかについてです.

かなり一般的にもなっている言葉として「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があります.

レム睡眠のレムとは ”Rapid Eye Movement” の各単語の頭文字を取ったものです.

その単語の意味する通り, レム睡眠の際には閉じられたまぶたの下で眼球の運動が起こっていることが分かっています.

この時, 骨格筋は弛緩していますが脳は活発に働いています.

すなわち, 体を休める代わりに脳は活動を続けているということです.

ノンレム睡眠はこの逆です.

脳は休息状態に入り, 血圧や心拍数の低下が見られます.

しかし, それよりも大切な現象がこのときには起きています.

ノンレム睡眠の間は体の免疫力が向上し, 細胞の新陳代謝も高まることが分かっています.

すなわち, ノンレム睡眠の間に傷ついた体の修復が行われるのです.

これにはおそらく成長ホルモンの分泌も関わっていると考えられます.

トレーニングにより分泌される成長ホルモンですが, 寝ている間にも大量に分泌され, 筋肉はもちろんのことそれ以外の体中の器官の修復を行います.

 

以上のことより, トレーニングをする人は特に睡眠には注意を払う必要があると言えます.

ボディビルで大切なのは, まずは栄養と休息で, その次がトレーニングと聞いたことがあります.

オーバーワークに陥っているかなと思う人は, しっかり休んでみると記録向上が狙えるかもしれませんね

ロタウイルスに感染しました

この度, ロタウイルスなる珍しいものに感染しました.

ことの始まりは6日でした.

5日に満員電車に乗って実家に帰省し, その翌日6日は祖父母と鰻を食べに行き, 市営のジムでトレーニングをしました.

家に帰ってから, いつも通りカーボ抜きの夕食を食べて寝たのですが, 真夜中に猛烈な吐き気に襲われて, そこからはひたすら吐き続けました.

もちろん胃には何も入っていないので胃酸と胃粘液の混ざったものだけを吐いたのですが, とてつもなくきつかったです.

とりあえず前にもらった吐き気止めのプリンペランを飲んで吐き気を止めたのですが, 翌日になって体温を計ってみるとなんと38.4℃もありました.

平熱は37.5℃ほどあるのですが, さすがにこれはきつかったです.

また, もっとひどかったのが筋肉痛です.

トレーニングでの疲労もあったと思いますが, それよりもウイルス感染によるものの度合いの方が大きかったと思います.

病状からインフルエンザかと思いましたが, 体が動かせないほど痛かったので病院には行かず, とりあえず寝て7日をやり過ごしました.

今日8日に病院に行ってインフルエンザの検査をしてもらったのですが, 結果は陰性でした.

先生の見立てによると, ロタウイルスらしいとのことでした.

ロタウイルスというのは初めて聞いたのであとから調べてみましたが, 乳児下痢症と嘔吐下痢症を引き起こすものらしいです.

空気感染はしないので, おそらく電車内でのつり革や手すりへの接触から感染したのだと思います.

滅多にウイルス性の病気には罹らないのですが, 最近はトレーニングをやり過ぎたために免疫力が低下し, それ故に今回の感染に至ったのではないかと思いました.

やはり何事も加減というものが大事ですね.

私の性格として, なにごともコツコツやり込んでしまうというのが挙げられるのですが, 時には息抜きや休息も必要だなと感じました.

 

>Yuriko. Yさん

睡眠については次回の記事で書きます.

僕も実はメンタルの病気を持っていて, もう3年も不眠が治っていないです

記事検索
最新コメント
過去のBIG3のMAX

SQ 170kg 体重 75kg
(2015/7/29)
175kg←深さ?
(2012/11/5)
BP 120kg 体重74.6kg
(2016/9/26)
117.5kg 体重 75kg
(2015/3/2)
DL 207.5kg 体重72.9kg
(2016/8/18)
205kg 体重71.8kg
(2016/8/10)

リハビリ目標
(2019/3/10更新)

スクワット 170kg
ベンチプレス 120kgクリア
デッドリフト 200kgクリア
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

コンタクト