mahuyuchanのボディビル&ダイエット&うつ病闘病日記

東大卒うつ病ボディビルダーが、筋トレ、ボディビル 、ダイエット、闘病記録について書いているブログです。

30秒インターバルトレーニング2日目

昨日は30秒インターバルトレーニングを腕で初めてやりました。
腕をトレーニングできるのが久しぶりだったこともありますが、今日はかなりひどい筋肉痛が来ています。
今日は胸の日なのですが、腕の筋肉痛のことを考えると、今後は腕の翌日に胸を配置するのは避ける方がよい気がしました。

胸も30秒インターバルでやりましたが、やはりきつかったです。
種目は
ベンチプレス
インクラインダンベルプレス
インクラインダンベルフライ
ダンベルプルオーバー
マシンフライ
ケーブルクロスオーバー
で、合計47セットですがかかった時間は59分でした。
種目感の休息もほとんどなくしたので、筋肉への刺激はかなりのものではないかと思っています。

重量の設定や種目の順序に関しては、これからいろいろ考えていく部分がありそうですが、とりあえずこのトレーニング法の感触はよいです。 

トレーニング法の改革

最近、実験の関係で歴代の最強ボディビルダーと会っているのですが、その中でいろいろトレーニングの話ができています。
今までの自分のトレーニングは、とにかく量をこなすために長い時間おこなうというものだったのですが、それはあまりよくないという意見をもらいました。

とにかくインターバルを短くし、1回のトレーニングは1時間半にしないといけないと言われました。
そして、時間は1時間半ですが、セット数は60セットから80セットをこなすようにも言われました。
インターバルは20秒から30秒にして、種目間の休憩もほとんどなくさないとこれは達成できません。
しかし、だらだらたくさんやることが強度が高いのではなく、短時間で集中して追い込むことこそ強度が高いトレーニングなのだと分かったのはよい発見でした。

風邪も治ったので、今日は腕を1時間20分で6種目52セットやりました。
インターバルは30秒か45秒にしました。
このやり方だと重量を固定したトレーニングは無理なので、セットごとに重量を微調整する必要がありました。
慣れてきたらもう少しインターバルを短くしたり、種目を増やしたりできそうです。
久しぶりの腕のトレーニングだったこともありますが、トレーニングが終わって2時間ほどたった今でもまだ腕がだるいのは、いつもより刺激がよく入ったことの現れなのではと思います。

頑張ってこのやり方を数ヶ月続けます。
食事についてもいくつかアドバイスをもらったので、早速実践しています。 

月刊ボディビルディングに載りました

月刊ボディビルディング3月に、7位という成績ながら写真が載りました。
ちょうど大会があまりないシーズンで記事がなかったのだと思いますが、思っていたより大きく載っていました。

写真が載ったことでまた苦手の食事を頑張ろうという気になった矢先、またしても風邪を引いてしまいました。
だいたい2ヶ月に1回くらいは風邪を引いています。
食事は風邪を引いていても摂るようにしていますが、その間トレーニングはできないのが残念です。

治ったらまた少しずつ調子を上げていきたいです。 
記事検索
最新コメント
過去のBIG3のMAX

SQ 170kg 体重 75kg
(2015/7/29)
175kg←深さ?
(2012/11/5)
BP 120kg 体重74.6kg
(2016/9/26)
117.5kg 体重 75kg
(2015/3/2)
DL 207.5kg 体重72.9kg
(2016/8/18)
205kg 体重71.8kg
(2016/8/10)

リハビリ目標
(2019/3/10更新)

スクワット 170kg
ベンチプレス 120kgクリア
デッドリフト 200kgクリア
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

コンタクト