今年の減量は8月頃までは順調だったものの、そこから波瀾万丈となりました。
昨日の夜に測った体重は65kgで、前日の66kgから1kg減となりました。
胃腸の内容物の重さだと分かっていますが、体重が戻っていくのは安心感があります。

肝心の見た目はと言いますと、少しずつですがまたよくなってきた気がします。
上半身はあと数ミリの脂肪が残った状態からずっと停滞していますが、これは皮下水分の可能性もあるので、塩抜き水抜きをやってみないとわかりません。
当初かなり不安だった脚はかなり改善してきました。
ハムに関しては今年は無理そうですが、前部はポーズの見せ方と力の入れ方を工夫することで、かなりよく見せられるようになりました。
あとは、今までやってきたやり方を信じて続けるのみです。
有酸素を組み込もうかと思いましたが、おそらく疲労がより溜まって、ギリギリの状態で維持できている筋肉が減るだろうと考えたのでやらないことにしました。

シーテッドレッグカール 70lb 30 30 30
レッグエクステンション 80lb 20 20 20 20 20
ダンベルルーマニアンデッドリフト 25kg×2 15 15 15 15
レッグプレス 120kg 10 10 10 10

スーパーセットで
チンニング 12 11 10 8
ディップス 10 10 10 10

ラットプル 40kg 10 10 10 アンダーグリップ 10 10 10
ワンハンドロー 40kg 8 8 8
ドリアンロー 40kg 10 10 10
バーベルカール 20kg 18 18 18 18
バーベルプリーチャーカール 15kg 13 12 11 12 10 10
ロープーリーカール 2枚 15 15 15
マシンカール 60lb 9 8 8

レッグプレスの足のつき方を工夫したら、大臀筋の上部を狙い撃ちできることが分かりました。
しばらくはこのやり方を続けます。
現在痛みのある部分は、左三角筋および上腕二頭筋短頭起始部、右上腕二頭筋短頭、右腓腹筋内側頭です。
これらは完全に怪我なので、大会が終わったらしっかりケアしないといけません。 

コメントする

名前
 
  絵文字