早いもので大会が終わってから10日も経ってしまいました。
自分の中では今年は予選落ちだったこともあり、大会が終わったという実感が薄く、気持ちがふわふわした状態が続いています。
別にそれでトレーニングができないとか、トレーニングの質が落ちているという意味ではなく、不思議な感覚があるというだけです。

今回の大会での反省を踏まえて、オフの過ごし方を考えました。
来年度からの生活がどうなるかまだ確定していないので、とりあえずは来年の3月あたりまでの計画をしました。

まず、筋量をなんとしても増やさないといけないです。
大会で上位に入った選手はやはり基本的な筋量が違いました。
僕が完璧に絞れたところで、今回の大会ではせいぜい5位がいいところだと思います。
しかしながら、この2年間の増量はそれほど悪くはなく、筋を肥大させることに関してはこのままのやり方で問題ないと考えています。

もう1点は減量です。
今年の失敗は、オフに体重を増やしすぎたこと、それにも関わらず減量を始めるのが遅かったこと、そして本気で減量をする気になったのが遅かったことです。
次回はこれらすべてを解決します。
オフに増やす体重はせいぜいコンテスト時プラス10kgとします。
また減量が始まったら、最初から持てるテクニックを惜しみなく投入して、できるだけ短期間で体重を減らします。
そして、今まで達成できなかった、大会1ヶ月前にはちゃんと絞れている状態を作ることを確実に達成します。

自分の中のプランでは、来年は大会には出ないで、再来年によい順位を狙うつもりです。
可能ならば連盟加盟ジムに所属して、東京オープンにも挑戦したいです。

部位ごとの注意点も細かく決めたのでそれも書きます。
まず、トレーニングは以下のように分割することにしました。

月 胸
火 肩、脚フロント、カーフ
水 腕
木 カーフ、腹、有酸素
金 背
土 脚バック
日 カーフ、腹、有酸素

これまでと変わったのは、オフを週2日にしたことです。
ここでいうオフとは、ヘビートレーニングをおこなわない日という意味で、上記では木と日が該当します。
体を休ませて回復を促すという意味と、オフでも有酸素をおこなうことで、心肺機能の向上や脂肪燃焼、あとは体の調子を整える効果なんかを狙おうと思っています。

部位ごとに気をつける点は以下の通りです。


・上部を前回のオフで丁寧にやったがまだ足りないので、上部の種目から必ず始める
・ベンチプレスの効かせ方が分かったので、記録を伸ばして刺激を増やす


・これまでは後部への意識が小さかったので、より後部を動かせる方法を探す


・三頭は重量を意識し、二頭は動作のテンポを意識する
・二頭はピークを作るための種目を優先しておこなう


・下背部が弱いことが分かったので、背中の種目では必ず下背部のアーチを意識する
・ストラップを使うのは止め、それでも扱える重量でトレーニングをおこなう


・フロントとバックに分けて週2回動かすことで、オフでも引き締まった状態を維持する
・脚の筋肉を個々に意識して動かす練習を必ずトレーニングの前半におこなう
・重量を扱う種目は正しいフォームで重量を伸ばすことを意識する

今回のオフでは体重をそれほど増やさないため、体は見苦しくならないと思います。
なので、定期的に写真を挙げるつもりです。 

 コメント一覧 (2)

    • 1. 地上最弱の雄
    • 2014年10月29日 22:37
    • 非常にに興味深い記事だと思いました。

      特に気になったのはストラップを使わないとの事ですが、その理由は何なのでしょうか?

      私自身は握力(ホールド力)を向上させたいと言う目的がある為に使用していません。

      ボディビルトレーニングは個別で筋肉に刺激を入れる事が重要なのかと思いますのでストラップを使うことで、握力を気にせずに対象筋を意識出来ると言うのが一般的な意見と思われますが、何か特別な目的があるのでしょうか?
    • 2. mahuyuchan
    • 2014年10月30日 00:12
    • >地上最弱の雄さん

      宮畑会長に指導してもらったときに、ストラップを使っていると前腕が発達しないと教わりました。
      前腕は日常から使うので、リストカールなどの負荷では発達が乏しいようです。
      トレーニング中にしっかり握り込むことで前腕に刺激が入りますし、なにより、最近はストラップを使わないと扱えないような重量は使わなくてもいいと思っています。

      ちなみに、僕はもう一般的に正しいと言われていることは基本的には気にしないスタンスでボディビルをやっていくことにしました。
      別に日本チャンピオンになりたいわけでもないので、いろいろ試すことに楽しみを感じていくつもりです。

コメントする

名前
 
  絵文字