以前は脚のトレーニングはきついので嫌いでしたが、最近はこれをやることで自分の脚がよくなるなら頑張ろうと思ってトレーニングできるようになりました。
モチベーションという意味では非常によい状態にありますが、果たして今のトレーニング法で来年に改善が見られるのかには自信がありません。
他の部位と同じように順調に肥大してはいますが、極端に絞れるのが遅いということは、やはりトレーニングにも問題があるのかなと思います。
とはいえ、現状ではまだそれを正す方法が分からないので、しばらくはトレーニングを続けて様子を見ることにします。

オフに入ってからは脚はフロントとバックに分けて、週2回トレーニングしています。
今日はバックで、8種目やりました。
今のメニューはきついですが、かなりの筋肉痛になるので、トレーニングをやったという満足感はあります。

1種目目 スクワット 2セット
インターバル 3〜4分

これは記録を伸ばすための練習で、8回を2セットだけやってます。
減量開けなので当分はリハビリのような重さが続きますが、最終的には前回の増量期のMAX重量を、体重マイナス15kgほどの状態で達成したいと考えています。

2種目目 シーテッドレッグカール、ルーマニアンデッドリフト、バックエクステンションのトライセット 3セット
インターバル 2分

宮畑会長にやるように言われたトレーニングです。
重量はだいたい15回から20回できるものを設定しますが、まだ自分の筋力が正確に分かっていないので、少しずつ負荷を増やしています。
間に休みを取らずに筋肉を動かすトレーニングは減量向きですが、筋肉を動かす練習のためにオフにも続けるように言われてやっています。

3種目目 ランジ 5セット
インターバル 60秒〜90秒

トレマガで鈴木雅さんが解説していたのを見て始めました。
僕は脚のフロントに比べてバックの筋量が不足しているので、これで集中的にバックを狙っています。
気をつけているのは、ボトムでしっかり臀部に負荷を乗せることです。

4種目目 ナロースタンススクワット 4セット
インターバル 60秒〜90秒

あるビルダーの人に勧められて始めた種目です。
足の幅は肩幅よりも狭く、かつ平行にします。
そこからボトムへ降ろすのはなかなかバランスが必要ですが、今まで使っていなかった部分が使われている気がします。
基本的に足幅を狭くすると脚の外側に刺激が入ると言われています。
1種目目のスクワットは肩幅よりも開いた通常のものなので、同じ種目が重ならないようにするため、この種目を入れました。

5種目目 レッグプレス 9セット
インターバル 30秒

前回のオフにやり込んで一番効果があったと思われる種目です。
重さは3段階に設定し、3セット終わったら1枚外すという流れで9セットやります。
また、インターバルを30秒にすることで、筋肉を完全に疲労させることを狙っています。
セットごとに足幅を変えます。
マシンの可動域の限界まで降ろし、ガチャンとなったところから押し上げます。
これでだいたい歩けなくなるくらい疲労します。

6種目目 グッドモーニング 3セット
インターバル 45秒

一番最後に、軽い重さで筋肉をストレッチさせます。
筋肉が伸びたり縮んだりしている状態を正しく意識できるようにするのが目的です。

コメントする

名前
 
  絵文字