腕は初めて大会に出たときからの弱点です。
肩と胸がよい分、とくに腕が細く見えてしまうので、早く肩や胸に見合うだけの筋量を獲得する必要があります。
去年のコンテスト後からの増量でいくらか三頭は改善しましたが、二頭はまだまだ分からないことが多いです。

腕のトレーニングはこれまでにいろいろ試していて、スーパーセット、ジャイアントセット、レストポーズ、高重量でのチート、低負荷高回数、短インターバルなんかがその例です。
なんとなく自分に合っているように感じるのは、短インターバルでの低負荷高回数です。
チートでやっていた時期も太くはなっていましたが、他の部位のトレーニングにも疲労の影響が出ていた気がします。

そういうわけで最近は、インターバルは45秒程度にして、15回できるような重さでトレーニングしています。
また、宮畑会長に習った通りに、筋肉を細かく収縮させるトレーニングを組み込んでいます。
これまではフルレンジでないとトレーニングする意味がないくらいに思っていましたが、最近は発達させたいポイントを的確に狙うために、フルレンジにはこだわらずにトレーニングしています。

腕は週1回やっていて、二頭と三頭をあわせて10種目やっています。
慣れたらもう少し種目を減らしたいと思っています。

コメントする

名前
 
  絵文字