ベントオーバーローに関しては以前からいろいろ試行錯誤していますが、今日試した新しいやり方の感触がよかったので紹介します。

僕のベントオーバーローの歴史は

・腰を90度ほどに曲げたオーソドックスなやり方
・上体を立ててシュラッグとミックスさせたような動作で高重量をおこなうやり方
・台に乗って思いっきり背中を丸めたところから引くやり方
 
というような感じです。
どれもやっていたときはよく効いている気になっていましたが、肝心の下背部の盛り上がりは一向に改善されていないため、実は効果的ではなかったようです。

今回試したやり方は、ジムで見かけたデカい人がやっていた方法を真似したものです。

ウエイトはバーだけから始め、バーを握ったらデッドリフトの要領で地面から持ち上げます。
直立した状態で肩を少しずつ外し、背中に負荷がしっかり乗っている感覚をつかみます。
負荷をうまく乗せることができたら、その状態をキープしながら上体を曲げてベントオーバーローの姿勢を作ります。
僕は角度は110度くらいが負荷が抜けにくいと思っていますが、うまくできるならどのような角度でもかまわないと思います。
負荷を乗せながら姿勢を作ったら、背中の緊張を保ちつつベントオーバーローの動作をおこないます。
このとき、ボトムで完全に腕が伸び切るところまではストレッチさせずに、スロトレのように常に筋が緊張している状態を保つことに気をつけます。
トップポジションに向かうときも勢いを付けて引くと負荷が抜けるので、とにかく丁寧な動作で負荷が抜けないように注意しながらおこないます。
バーだけでしっかり感覚をつかんでから、重量を上げていきます。

Tバーローも同じで、ボトムから加速させたりトップからボトムへ向かうときに脱力したりしないようにすることで、筋肉にしっかり乗せることができると分かりました。

以前の僕は120kgほどのウエイトを振り回して満足していましたが、ジムで見かけたその人は、めちゃくちゃデカいにも関わらずたった60kgでベントオーバーローをしていました。
そして、見ていて気づいたのは、とにかく1個1個の動作を慎重とも言えるようなやり方でおこなっていたことです。
扱う重量も大切ですが、なによりも効かせるということをこの人は意識しているのだなと思いました。

自分は重量をめちゃくちゃなフォームで扱う練習はこれまでに経験しているので、今後は今回発見したスローで動かす筋肉から負荷を抜かないことを意識したトレーニングを増やしていきたいと思っています。

コメントする

名前
 
  絵文字