スクワットの記録が調子よく伸びるにつれてスクワットへの恐怖心も減ってきました。
以前はできればスクワットはやらずにトレーニングを終えたいなあと考えていましたが、最近は早くスクワットがやりたくて仕方がないといった感じです。
この感覚はベンチプレスのやり方がトレーニング開始から3年目でようやく分かって、記録がどんどん伸びたときと同じものです。

現在はスクワットは3レップ3セットを基本としていますが、脚メインの日である月曜日はもう少しボリュームを増やしています。
月曜日を含めて最近はスクワットは週3回もしくは4回おこなっていますが、高強度低レップの練習は体への負担が少なく、トレーニングの質が悪くなったように感じることはないです。
高頻度で練習をおこなうことで、フォームの改善や根性の強化、また恐怖心の払拭を効率よくおこなえているようです。

昨日は165kgを挙げた後は155kgを2セットやって、それぞれ1レップと2レップでした。
今日は155kgを3セットやりましたが、レップ数は、3、3、1という感じで、昨日よりもかなり記録を伸ばすことができました。
MAX測定をしなかった分、体力の消耗がなかったためかもしれませんが、それでも回数が増えていくのは励みになります。
次回は160kgで2レップに挑戦したいと思います。