今日はスクワットで150kg×6に成功しました。
以前と比べて担いだ瞬間のプレッシャーや重量感が減ってきている感じがあり、恐怖心なくしゃがむことができました。
4レップ目まではスムーズだったのですが、その後の2レップは本当に絞り出すようにして挙げました。

スクワットのフォームを初心者に教える場合、多くは膝が内側に入り込まないように教えると思います。
僕も習ったときはそうだったのですが、最近は最後の数レップを絞り出すときは内股になってもいいと思いながらやっています。
トップのパワーリフターでもいわゆるニーインの状態で挙上する選手もいるくらいで、やや怪我のリスクが誇張されている気がします。
結局は、怪我をしない範囲なら記録の上がるやり方をやるのが正しいと思いますがいかがでしょうか。