今日はスクワットを10セットやりました。

学生大会で活躍した選手がジムに来ていて、聞くところによるとスクワットを40セットやっているとのことで、それなら自分もやってみようと思い挑戦しました。
当然いきなり40セットは無理なので、まずは10セットやったのですが、それでもきつかったです。

トレーニングは今まで色々なことを考えながら種目を構成していたのですが、なんとなくそういったことは小手先の変化に過ぎず、本当に強い体はベーシックな種目をやり込むことで作られるのかなと思い始めました。
例えば、ハックスクワットは脚の前側に効くと一般的に言いますが、これも40セットやれば嫌でも裏側にも刺激が入ると思います。
なんとなく自分は、本気で取り組む、限界までやるという気持ちを失っていたのかもしれません。
学生の頃は体はまだ小さかったですが、1日に2回トレーニングしたり懸垂を300回やったり、今よりもガッツを持ってトレーニングしていた気がします。

そういう姿勢を取り戻すためにも、今日はスクワット10セットに取り組みました。
理論ではなく、気持ちの面でもっと強くしていかないといけないなと思っています。
今年はそんなことも考えながら練習していこうと思います。