今日は2ヶ月ぶりに将棋会館道場に行ってきました。
将棋のブログは別でやっていたのです(コチラ)が、更新頻度が落ちてしまったので、こちらに統合してたまに更新する感じにしようと思います。 

なぜ2ヶ月ぶりかというと、勝敗を次回に引き継げる勝敗券の期限が2ヶ月で、それが切れてしまうと勝敗が無効になってしまうために行かざるを得ないという仕様だからです。
ここ最近は体調が悪かったこともあり、ほとんど将棋の勉強ができていなかったので、あまり自信なく将棋会館へ向かいました。
ちなみに将棋会館道場では3級で指しています。
手元の勝敗券は3勝0敗のため、4連勝すれば2級へ昇級できる状態でした。
将棋ウォーズや将棋クエストに比べて将棋会館はレベルが高いように思えますが、自分がリアル対局が苦手なだけかもしれません。

1局目(vs初段角落ち)

小学5年生くらいの男の子でしたが、棋力はなんと初段で自分よりも3級上となります。
棋力に3級の差がある場合は、強い方が角を落とすハンデをつけて対局します。
以下少々専門的な内容です。
上手が早めに飛車先を突いてきたので矢倉に組もうとしたところ、陽動振り飛車にされて玉形の差で作戦負けにされました。
なんとか穴熊に組み替えたものの、小技を食らって最後は1手違いで負けました。 
いきなりの敗戦で昇級が遠のきがっくりしました。

2局目(vs3級)

小学3年生くらいの男の子でした。
振り駒で先手番を得たので居飛車で行ったところ、後手は1手損角換わりの出だしから中飛車に構えてきました。
玉の囲いを遅らせて攻めてきたので、うまくカウンターをして勝つことができました。


3局目(vs2級)

3局目は50代くらいのおじさんが相手でした。
自分の方が1級下なので先手番をもらえました。
相手は後手番から角道を止めて矢倉に組もうとしてきたので、左美濃急戦を仕掛けて一方的な内容で勝つことができました。

4局目(vs初段角落ち)

4局目も50代くらいのおじさんでした。
1局目同様にハンデで角を落としてもらいました。
戦型は居飛車対居飛車になりましたが、中盤で角をうまく回転させて玉頭から攻めかかることができて一方的な内容で勝つことができました。

結果をまとめると以下の通りです。
FullSizeRender

最初の1局に勝てていれば昇級だったのが残念ですが、その後は崩れずに修正できたと思います。
次に行くときは昇級できるようにまた勉強し直そうと思いました。