今日も早起きしてウォーキングをしました。
前より活動的になったにもかかわらず体重が減っていないことには理由があるので、それはまた別の記事で書きたいと思います。

ウォーキングから帰って一休みしてからジムに行き、day6で脚の前をやりました。
フルスクワットがday6に組み込まれているのですが、なかなか記録が戻らないばかりか、どんどん雑魚化していて悲しみを感じています。
以前の調子がいいときは160kgで4回できたのですが、今日はなんと150kgでつぶれてしまいました。
さらには、そこで一気にやる気もなくなってしまい、メインセットなしでトレーニングを終えるという雑魚ぶりでした。

昔の記事で、BIG3の記録を上げることは、トレーニングというよりも練習という意味合いが強いという記事を書きました(その時の記事はこちら)。
フォームを研ぎ澄ましたり、高重量に慣らしていったりと、筋肥大のみを狙うトレーニングとは異なるアプローチが必要と考えます。
また、高重量を挙げる際の集中力を高める方法も習得する必要があります。
そういった意味では、最近は記録を伸ばすための練習から若干遠ざかっていた感じもあり、スクワットが急激に弱くなったのも納得できます。



しかしながら、筋肉が太くなれば発揮できる筋力も大きくなるのは事実であり、今までやってきたことが無駄だったという訳ではないと思います。
理想は、筋量を増やすトレーニングで増えた筋肉をうまく使うために神経系を鍛えることだと思いますが、そのために高重量を扱うのはなかなか負担が大きいのが現状です。
20代前半の頃は何も考えずに高重量ができていましたが、最近は向かっていく気持ちが減ってしまったようにも感じます。

少なくとも以前のマックスである170kgまでは戻したいところですが、なかなか気持ちをそこまで持っていくのが大変なように感じています。
無理なく少しずつでも記録が伸びる方法を模索したいと思います。