今日も早起きして1時間のウォーキングをすることができました。
タンクトップで出かけましたが、ここ最近では一番涼しく、歩き始めは寒いくらいでした。
仕事が決まるまではしっかりと早起きを続け、採用された時のために万全の状態を作っておきたいです。

今回は脚のトレーニングの種目を見直す記事を書きたいと思います。
脚はゴールドジムの多彩なマシンでトレーニングする中で、今年に入ってからいくらか改善したと思います。
特に弱点だった臀部は、ヒップアブダクションやグルートマシンのおかげでボリュームアップできました。
しかしながら、多彩なマシンに目を奪われた結果、自然とマス系の種目から逃げている自分がいました。
少し前までは、高重量のレッグプレスやルーマニアンデッドリフトをやっていたのですが、きつさや怪我の痛みを言い訳にいつのまにかやらなくなっていました。
そのせいもあって、スクワットの記録は伸びず、またスクワットに向かっていこうという気持ちもどんどん小さくなってしまいました。

ここで改めて、大学やサンプレイでトレーニングしていた気持ちを思い出さないといけないと思いました。
大学やサンプレイは、マシンの数ではゴールドジムには及ばないですが、代わりに気合いや活力を得ることができて、自然と高重量マス種目に取り組むことができていました。
マシンがたくさんあることで、今の自分は楽な方へ楽な方へと思考が移っていました。
また、1日あたりの負荷を軽くするために脚の前後で日にちを分けていましたが、それもきついトレーニングから逃げようとしていただけのようにも感じています。



そういうわけで、脚のトレーニング種目を見直すことにしました。
ポイントとしては、精神面の弱さから逃げていたマス系種目を復活させつつ、オーバートレーニングにならないようにセット数を工夫することを考えています。
ヘビー種目は中枢神経系を大きく消耗させるため、少ないセット数で行う代わりに毎回のセットのクオリティを高めてトレーニングしたいと思います。
まだ変更はあると思いますが、以下のようなメニューを組んでみます。

・シーテッドカーフレイズ 2セット
・ドンキーカーフレイズ 2セット
・レッグプレスマシンカーフレイズ 2セット
・アブダクション 2セット
・アダクション 2セット
・スクワット 2セット
・ハックスクワット 2セット
・グルートマシン 2セット
・ライイングレッグカール 3セット 

最初のカーフレイズ3種目は今と変更ありません。
カーフが本当に弱く女性レベルなので、コツコツ続けて少しでも改善したいところです。

続くアブダクションとアダクションは股関節周りの柔軟とアップの意味合いで軽めの重量で回数を多く行う予定です。
ここ最近は重量を伸ばすことに注力していましたが、これからは後半の種目の質を上げるための運動と考えて実施したいと思います。

スクワットとハックスクワットではそれぞれ、脚全体、脚の前側を狙いたいと思っています。
とにかくスクワットは使用重量を伸ばすことを意識します。
ハックスクワットは効かせることを考えなくても刺激がよく入るマシンがあるので、それでしばらくやってみます。

最後のグルートマシンとライイングレッグカールでは脚の後面を狙います。
ハムストリングスが弱いと横から見た時の脚が力強くならないので、頑張って改善したいと思います。

計画段階ではだいぶ種目数が多くなったため、実際に試してから減らす可能性もあると思います。
救いなのはすべての種目が2セットで終わることですが、だからこそ集中したよいセットにできるようにしたいところです。 

コメントする

名前
 
  絵文字