今日は久しぶりに早起きできてウォーキングに出かけたのですが、あいにく途中で雨が降り出したのでほとんど歩かずに家に帰りました。
最初の出勤まではきちんと早起きを続けて、準備万端で仕事に臨めるようにしたいです。

仕事を頑張りたいという気持ちはもちろんあるのですが、その一方で、やはり生きていくのがとても辛いという気持ちもあります。
これまで頑張ってきたことや苦労したことを考えると、もう頑張らなくていいのではないかと思えます。
もちろん、うつ状態で思考が悪い方へ進んでいることがその原因の一つですが、そうでなかったとしても自分はうまく世の中で生きていくことができなかっただろうなと思います。
周りの人が普通に生活して普通の幸せを得ているのがとても羨ましく思いますが、自分には高すぎるハードルでした。

大学入学時からずっと精神病を患っていて、今月で通院を始めて10年になりました。
10年間もがき苦しみながら生きてきたことは、なかなか健常者には伝わらないことが多く、悲しく思うことがよくあります。
体調がよくなった時期もありましたが、少しのきっかけでまた悪くなってしまうため、全体で見るとほとんど意味のない10年間を過ごしたような気がします。
常に頭の片隅には自殺することが浮かんでいましたし、実際に自殺未遂も2回しています。

普通の人は何が楽しくて毎日生活できるのでしょうか。
当然、健常者でも仕事は大変でそこからストレスを感じることはあると思います。
それをどのようにして受け流しているかが大変気になります。
自分はもともとストレスに対する耐性が極端に低いのかもしれません。
少しのことでイライラしたり落ち込んだりする性格が、病気にも悪影響を与えていると思っています。
ただ、こればかりは幼少期からの過ごし方で身についたものなのでどうしようもないです。
これからできることは、少しでも自分にかかるストレスを軽減できるように生活していくことですが、そのために神経を使うと結局疲労する気もします。 

本当に生きているだけで精一杯のように感じています。
普通の人のように仕事をすることを諦め、障害年金をもらいながら実家で生活するのがよいのかもしれません。
毎日辛いです。
心穏やかに日々を送れるようになりたかったです。
頑張ってよい大学に入って勉強も続けたのにこんなことになってしまって非常に残念です。

トレーニングは脳機能の改善によいということは何度も書いていますが、最近はその効果をあまり感じられないほど脳が疲弊しているように思います。
ただ、トレーニングができているうちはまだマシなので、これができなくならないようには注意して生活していきたいです。 

↓共感されましたらクリックをお願いします。 ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村