どうすれば心穏やかに過ごせるのかということを考えています。
心の安定さえ得られれば、たくさん儲けたいとも思わないですし、幸福になりたいとも思いません。
せめて一般の人と同じスタートラインにだけは立ちたいところです。

ただ、こうして理想を書くだけで努力しないのでは何も変わらないと考えまして、今日から少しずつでも体調をよくしつつ精神を安定させるためにできることを増やしていこうと思います。

・日中

日中にできることは何かと考えた場合、これはもうストレスをできるだけなくすということに尽きると思います。
大学院時代にある程度まで回復していた体調が一気に悪くなった理由は職場のストレスでした。
どのような人間関係が生じるかは入社するまで分からないですが、最初から期待しないようにして仕事を始めるべきだったと後悔しています。
できれば楽しく仕事をしたいですが、あくまでも仕事は生活費を稼ぐための場所と割り切っていれば、ここまで深刻なことにはならなかった気もします。
次の職場がどのような雰囲気かまだ分かりませんが、とにかく強いストレスからは逃げることを考えて仕事に取り組みたいと思います。
少しでも精神的に負担がかかっているなと感じた場合は、速やかに抗不安薬を服用して気分を和らげることも考えています。

他に日中できることは、バランスのよい食事をするということです。
ボディビルダーはたんぱく質や炭水化物に目が行きがちということは前にも書きましたが、最近は体調不良を言い訳に、たんぱく質も十分に摂れていなかった気がします。
まずはきちんと朝昼晩と3食食べられるようにすることが必要と思います。


・夜

夜にできることは、とにかく良質の睡眠を取れるようにすることです。
そのために以下のことに気をつけようと思います。

・就寝予定時刻2時間前からはスマホを極力触らない
スマホのライトが睡眠リズムを狂わせている可能性があるため、就寝前にはそれを避ける。

・睡眠1〜2時間前に半身浴を15分程度行う
体温が下がっていくときに眠気が出るらしいので、面倒臭がってシャワーで済ませない。

・睡眠に効果のあるサプリメントを試してみる
眠剤を飲んでいるがあまり効果がないため、少しでも評判のあるものは試してみる。

・自律訓練法で副交感神経優位な状態を作る 
最近意識して行うようになった自律訓練法をきちんと習慣化する。
就寝時以外でもリラックスに使える。

睡眠さえ改善すれば日中の活動もこれまでより負担なく行えると思うので、少しずつできることを試していきます。

・トレーニング

トレーニングのやりすぎもよくないなと、山本式トレーニングに変えてから気づきました。
おそらく自分は一般的な人よりも体の回復力や修復力が低いと思います。
それなのに普通の人が行わないようなハードトレーニングをしていたのでは、体はどんどん消耗するばかりと気づきました。
これまでの山本式トレーニングでは、1回のトレーニングあたりの負担は減らしたものの、1部位を週2回やっていたので、全体的な負担はまだ大きかったと思います。
筋肉の発達も欲しいですが、これからは何よりも体調を整えることを優先したいので、トレーニングの強度を落とすことに決めました。
落とすといっても、以前の記事に書いたように1部位週1回にトレーニング量を減らすだけです。
1回のトレーニング量は、4種目を各2セットずつという感じを想定しています。
これならトレーニング時間も短くて済みますし、何よりも体の負担も少ないと思います。
まずは体調を安定させることを先決とし、それが達成できたら体をよくする方へも意識を移していこうと思います。


・その他

その他として、ストレスを発散できる場を作ることを意識しようと思いました。
トレーニングでかなりストレスを発散していると思っていましたが、前述のようにトレーニングは身体面へのストレスが多大なので、必ずしもよい選択ではなかったかもしれません。
パッと思いつくストレス発散法は今の所はないのですが、美味しいものを食べるのは好きなので、体調がよい時は積極的に出かけて外食をしようと思います。

上記をコツコツ続けてみて、少しずつでも体調をよくしていければいいなと思っています。 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村