IMG_5062

ペヤング激辛シリーズの新作が出ました。
たまたまネットで存在を知り、そのままコンビニに行ってみたら販売されていたため、無事入手することができました。

これまでのペヤング激辛シリーズでは、最後に発売された激辛MAXENDが一番辛かったですが、それでも満足する辛さではありませんでした。


辛さおよび美味しさでいうと、韓国メーカーの発売している「ヘクプルダックポックンミョン」が自分の中ではダントツなので、今回の激辛商品がそれにどの程度迫れるかを期待していました。
IMG_5063

ペヤング系の特徴として、ソースを混ぜてもそれほど色が赤くならない点が挙げられます。
唐辛子の辛味成分のみを抽出しているのかもしれません。

食べてみての感想ですが、これは本当に辛いと思いました。
味はペヤングソース焼きそばと変わらないのですが、舌と喉に突き刺すような辛味があり、飲み込むのが困難に感じました。
水を飲むと余計に辛く感じるため、食べ終わるまでは水は飲みませんでしたが、食べ終わってからは舌と喉を冷やすためにうがいを何度もしました。
辛いものが好きな自分でもこれほどだったので、辛いものに耐性のない人は食べきることすら困難なのではないかと思いました。
食べ終わって数時間後からの腹痛もかなり厳しかったです。


味まで含めると、ヘクプルダックポックンミョンの方が麺の食感や旨味の点で上ですが、辛さで言えばヘクプルダックポックンミョンを超えているように思いました。