今日も体調が悪くほとんど動けませんでした。
幸い、食料は昨日コンビニで買ったものがあったので、少しだけそれを食べることができました。

どうすればこれから人生挽回できるかについて考えていたのですが、正直なところ、もう難しいかなと思っています。
まずは患っている精神病で大きなハンデがあり、これを治さないことには何も始まらないですが、治ったとしても常に前回のパワハラの時のように再発する恐れがあります。
できるだけストレスを避けた生活を続ければ再発は回避できるかもしれませんが、それでは人と交流するような一般的な仕事に就くことは無理でしょう。
さらに言えば、病状が安定したとしても、雇ってくれるところがあるかどうか疑問です。
自分のところで塾を開ければ、比較的ストレスなくお金を稼げるようになると思いますが、うまく生徒が集まる保証もないですし、それで稼げる額もたかが知れています。


結局、タイトルにあるように、人と比べることをやめない限り、今の自分が楽に暮らせるようにはならないのかと思っています。
それは社会的地位やお金のことであると思いますが、一度掴みかけていただけになかなか割り切ることは難しそうです。

自分は大学入学後まもなく体調を崩し、一時は休学することも考えましたが、なんとか4年で大学を卒業し、大学院へ行くこともできました。
残念ながら大学院では目立った成績を残すことができませんでしたが、そこから40倍の倍率を超えて社会的地位のある仕事に就けたことは自分としては頑張った方だと思っています。
東大に入って、大学院まで行って、それなりの仕事に就いたという経験が、自分の中で嫌なプライドを形成しているように思います。
それさえなければ、人と比べることもなく、ある程度の生活に満足できていたのかも知れません。

とりあえず今はまったく先が見えない真っ暗闇の中にいるように思います。
体調さえ安定すればいろいろ動くことはできると思いますが、それで事態が好転するかどうかが分からないことも不安であることに拍車をかけています。
もう少し楽しく生きていきたかったです。