昨日書いた記事の閲覧数が多かったので、今日もまた知識系の記事を書こうと思います。
ボディメイクと睡眠というタイトルですが、睡眠は、トレーニング、食事の次に大切なボディビルの要素となります。
ハードにトレーニングして、十分な量の食事をしたとしても、体が回復する時間を確保しないと、筋肉が発達しないばかりか、オーバートレーニングにより筋肉のサイズを失うことにもなりかねません。

IMG_5120
睡眠中には体が休まるレム睡眠と、脳が休まるノンレム睡眠が交互に起こります。
自分は10年以上不眠症を患っていますが、とくに顕著な症状が中途覚醒です。
夜中に何度も目が覚めるのがこの症状で、昨晩は5回目が覚めました。
また、その間にずっと夢を見ている感じがあります。
夢を見ているということは脳が休まずに働いているレム睡眠状態が続いているということであり、眠っても脳の疲労が取れないということになります。


少し脱線しましたので話をボディメイクに戻します。
眠っている間には成長ホルモンが分泌されると同時に、壊れた体組織の修復が行われます。
すなわち、十分な量の睡眠時間が確保できていないと、トレーニングで破壊した体を回復することができなくなります。
この状態でトレーニングを続けると、ダメージばかりが蓄積してオーバートレーニングになり、筋肉が減少する方向へと進んでしまいます。
不眠症のない人は、毎日必ず十分な睡眠を取るように心がけるとよいでしょう。

次に、どの程度の睡眠時間を確保すべきなのかという問題ですが、これは人それぞれで、簡単に言い切ることは難しいです。
ショートスリーパーと呼ばれる短い睡眠時間で体が回復する人たちは、4時間や5時間の睡眠でも十分ですが、反対のロングスリーパーとなると、10時間程度の睡眠を必要とすることもあります。
体組織を回復するという目的では長めに睡眠を取ることが重要ですが、それぞれのライフスタイルもありますので、ここでは一つの目安として6時間という数字を挙げておきます。
最低でも6時間程度は眠って体を休めることがボディメイクにおいては重要かと思います。


生活スタイルによって睡眠時間は異なりますが、体を十分に休めることがボディメイクでは重要です。
思った通りの成果がなかなか得られていない場合は、睡眠を見直してみることも重要かもしれません。