今日はタイトルにあるように、ダイエットには筋トレと有酸素運動のどちらが適しているかについて説明したいと思います。
どちらも減量には効果的ですが、それぞれの特徴を知ることで、よりボディメイクが成功しやすくなることと思います。

まず筋トレですが、これは運動の分類としては無酸素運動になります。

Testosterone1-1

人間の体は、運動が1分以内の場合、その運動のエネルギーを無酸素的に作り出します。
簡単に言えば、このエネルギー調達経路では、脂肪はエネルギーとして使われません。
すなわち、無酸素運動自体には脂肪を燃焼する効果はないということです。
では、筋トレは減量に効果がないのかというと、別の面で大きな働きを持っているため、一概には効果がないとは言えません。
一つは、筋トレを行うと成長ホルモンの分泌が促進され、それにより脂肪が燃えやすい状態が生まれるためです。
成長ホルモンは筋肉の成長を促すホルモンですが、同時に脂肪の燃焼を促進する効果があります。
この成長ホルモンの分泌は残念ながら有酸素運動では刺激されないため、筋トレが必要となります。
二つ目として、筋肉の破壊と合成が行われることにより代謝が上がることが挙げられます。
筋トレを行っている最中は筋肉の分解が進みますが、トレーニングが終わってからは、破壊された筋肉の修復のために大きなエネルギーが使われます。
これにより代謝の上がった状態が最低でも1日程度は続くため、何もしなくても脂肪が燃えていく効果が期待できます。


一方の有酸素運動ですが、こちらは運動に必要なエネルギーを酸素を用いながら調達する運動になります。

ThinkstockPhotos-489179804-500x333

最適な強度で有酸素運動が行われた場合、エネルギーの半分が体に蓄えられた糖から消費され、残りの半分が脂肪から消費されます。
あまりにも強度が高い運動では糖からしかエネルギーが消費されなくなるため、ダイエット目的ならば、軽く心拍数が上がる程度の運動強度がおすすめです。
このように、有酸素運動はその運動自体に脂肪を燃焼する効果があります。
しかしながら、筋トレのように成長ホルモンの分泌を刺激したり、代謝を長時間高めたりする効果はありません。
また、一度の有酸素運動で消費できるカロリーの量にも限りがあります。


以上をまとめると、筋トレで代謝の高い状態を作りつつ、有酸素運動で直接脂肪を燃焼するのが一番効率が良いということになります。
ただし、筋トレと有酸素運動を併用すると、疲労が蓄積してオーバートレーニングになる恐れがあるため、筋トレの強度が高い場合は有酸素運動は行わなくても良いでしょう。

自分も増えすぎた体重を減らすために有酸素運動を行っていますが、筋トレなしではあまり効果が上がらない状態が続いています。
筋トレと有酸素運動のどちらにも良い点がありますが、個人的にはやはり筋トレをしっかり行った方が、長期的に見て良い体になるかなと思います。
 

コメントする

名前
 
  絵文字