トレーニングをしなくなって5ヶ月が経ち、すっかり筋肉がなくなってしまったことは以前の記事で書きましたが、それによる代謝の低下が顕著に感じられるようになってきたので、今日はそのあたりのことを書きたいと思います。

ウエイトトレーニング、すなわち筋トレをすると、トレーニング後も代謝が高い状態が続くため、ダイエットに有効であることを前々回の記事で書きました。
ウエイトトレーニングのもう一つの良いところは、筋肉が増えることによる代謝のアップも期待できる点です。
筋肉は上手く鍛えることができると年間2kg程度増やせると言われています。
そして、増えた筋肉1kgにつき、50キロカロリーだけ基礎代謝が上がるとされています。
仮にトレーニングを続けて10kgの筋量増加に成功すると、トレーニングを行う前と比べて500キロカロリーも基礎代謝が増えることになります。
ポイントは基礎代謝が上がるというところで、この基礎代謝は何もしなくても勝手に消費される分の熱量になりますので、ダイエットや体型維持にとても強力に働きます。


では自分の場合はどうかというと、5ヶ月のトレーニングを行わない期間を経たことで、筋肉量がおそらく10kg程度は落ちたのではないかと思っています。
これは前述の通り500キロカロリーに相当するため、以前よりも普通の生活で500キロカロリー分太りやすくなったと言えます。
実際に筋肉が減ると同時に脂肪が増えていることを如実に実感しています。
早くトレーニングを再開して筋肉量を取り戻したいところですが、体調のこともあるので焦らずにやりたいと思います。