どうも、ただのうつ病ボディビルダーです。

ここ数日は非常に体調が悪く、ベッドの上でじっとして1日を終えることが多かったです。
食事はなんとか外出ができた時に買ってきて冷蔵庫に仕舞っておく感じです。
少しずつ暖かくなってきてはいるので、それに合わせて体の方も良くなることを期待しています。

最近、障害年金のことを色々調べていて、もしかしたら自分も受給資格があるのではないかと思えるようになりました。
受給には色々条件があるのですが、症状が過去の時点で認められると、時効はありますが、直近5年分については遡及請求もできるようです。
また、遡及請求ができなかったとしても、現在の症状が重いと判断してもらえれば、2ヶ月に1回の年間振り込みは受けることができます。

障害年金を受け取ることで何か不利になるのかということを調べたのですが、調べた限りでは就職に影響するということはありませんでした。
自分から障害年金をもらっていることをわざわざ面接で話す必要がないということです。
ただし、調べた限りでは分からないデメリットがあるかもしれないので、その辺りは専門家に話を聞きに行く必要があるかと思っています。

もし障害年金を受給できると、実家生活をする中で家族に金銭的な迷惑をかけなくて済むということがとても大きいです。
29歳にもなって働かずに実家に帰り、さらには何も生産性がないというのは本当に申し訳ないので、せめて自分が消費する分くらいはこの障害年金から捻出できたらよいなと思っています。
障害年金をもらいつつ、体調の良い時はアルバイトをしたり、塾で教えたりすれば、十分生活できるだけの金額は手に入ると思っています。


障害年金受給の1番の難関となると思われるのが、初診日の証明と、初診から1年半時点での診断書がいることです。
自分は大学の保健センターにずっと通っており、そこが初診かつ診断書を書いてもらう施設になります。
当時のカルテが破棄されていると、そもそも資料を入手できなくなってしまうので、ここだけはしっかり押さえる必要があります。
後は、現時点でどの程度生活能力があるかということが問われるようですが、寝たきりでほとんど何もできない現状を鑑みるに、受給対象になってもおかしくはないかなと思っています。

とりあえずは今のクリニックの先生に相談しつつ、実家に帰ったら障害年金の申請を手伝ってくれる社労士事務所に話を聞きに行ければと思っています。
少しでも自分の身の回りのことは自分でできるようにすることが回復と捉えているため、金銭面に関してもその一部として、同様に改善していきたいと思っています。

コメントする

名前
 
  絵文字