どうも、ただのうつ病ボディビルダーです。

今日は朝からかなり体調が悪く、夕方まで動くことができませんでした。
できればそのまま休んでいたかったのですが、食べるものが全くなかったことに気づいたため、重たい体を引きずりながら買い物に行きました。
数日分は買っておいたので、明日からは体調が悪くてもしばらくは休んでいられそうです。

今回はタイトルにあるように、バーベルのベンチプレスとダンベルのベンチプレスのどちらがよいかについて説明したいと思います。
便宜的に、前者をバーベルプレス、後者をダンベルプレスと呼びます。

・バーベルプレスの長所
バーベルプレスの長所は、比較的高重量を扱うことができる点です。
両手でバーベルを持つため、ウエイトがグラグラすることによる体力の消耗がありません。
また、左右の筋力差がある場合でも、強い方の腕の働きにより、ある程度補うことができます。


この動画はとても気に入っているもので何度も見ていますが、ベンチプレスでの胸の収縮を学ぶには最適です。
トップポジョンでしっかりと大胸筋を収縮できると、筋肉発達の効果が高くなります。


・ダンベルプレスの長所
ダンベルプレスの長所は、広く可動域を取ることができる点です。
バーベルプレスでは、バーが胸に当たってしまう位置より下まで下ろすことはできないですが、ダンベルはそれがないために深く下ろすことができます。
これにより、筋肉がストレッチする局面で強い負荷をかけることができます。
また、バーベルプレスと異なり、片腕でウエイトをコントロールするため、グラグラするのを防ぐために細かい筋肉を動員することができます。

・まとめ
バーベルプレスではウエイトが扱える点、ダンベルプレスでは可動域を取ってストレッチを効かせることができる点がそれぞれ優れています。
自分は最初の頃はバーベルプレスで効いている感じが得られずにダンベルばかりやっていましたが、ここ数年はバーベルプレスの方がむしろ好きになってよくやっていた印象です。
片方にこだわるのではなく、どちらも取り入れるか、シーズンによって種目を入れ替えるのもよいかもしれません。

コメントする

名前
 
  絵文字