どうも、ただのうつ病ボディビルダーです。

今回は、前回の続きで持ち株の決算分析を書いてみようと思います。
前回は比較的良い決算のものを紹介しましたが、今回はあまり決算が振るわなかったものの紹介になります。




①アールビバン 

アールビバンは、絵画および美術工芸品の販売を主に行っている企業です。
それ以外にも、ホットヨガスタジオを近年は展開しています。
決算を見てみましょう。

スクリーンショット 2020-05-26 11.41.52

売上高は前期と比べて7.4%増と、本業の成績は順調なことが分かります。
純利益が前期と比べてマイナス40.5%となっていますが、これは前期に不動産を売却したものの一時的な利益が入っていたためで、この下げに関してはそれほど問題視しなくても良いと思います。
アールビバンは配当金が優秀(1株あたり年30円)なので、短期的な株価の動きに一喜一憂することなく、しばらくは寝かせておきたいです。
気になる来季の予想ですが、コロナの影響もあってか、今回の決算では報告されませんでした。
絵画の展示会等が中止になっているものと思われるので、その分の打撃は覚悟しないといけないかもしれません。

②グランディハウス

グランディハウスは関東北部で展開する不動産業です。
随分前から配当金狙いでかなりの枚数を持っています。
では、決算を見てみましょう。

スクリーンショット 2020-05-26 11.47.47

売上高は前期をわずかに上回ったものの、純利益は大きく前期より下げる結果となりました。
決算短信には、消費税増税および台風19号の浸水被害による顧客マインドの冷え込みにより受注が低迷と書かれています。
また、純利益が大きく下げた要因としては、「将来的な事業拡大に向けた人材投資等に伴う人件費の増加、M&A費用 の計上、のれんの償却に加え、新型コロナウイルス感染拡大に伴う株価下落による保有株式の評価損計上」と書かれています。
前半部分の人件費増やM&A費用の計上は成長戦略としてプラスに捉えられますが、後半の株価下落による保有株式の評価損計上は心配になります。
最も、株価がコロナショック以前に戻らなければ自分の持ち株も回復しないわけであり、そういった意味では一蓮托生であるとも言えます。
また、グランディハウスも来季の業績予想は出していません。
コロナウイルスの影響がどの程度出るかは分かりませんが、配当金が大きく下げることがない限りは保有を続けようと思っています。

③双日

双日は総合商社です。
こちらも配当金が高いため、かなり長い間保有を続けています。
今回の決算を見てみましょう。

スクリーンショット 2020-05-26 11.57.32

売上高は前期比でマイナス5.5%、純利益は前期比でマイナス14.2%と、奮わない決算となりました。
総合商社ということで、扱っている商品の国際的な値動きに業績が直結する部分があります。
今回は化学・金属・資源といったセグメントの不調が主な原因だったようです。
来季の業績は親会社の所有者に帰属する当期利益マイナス34.2%とと、大幅な減益を予想しています。
コロナショックのことを考えると仕方ないかもしれませんが、復活にはもう少し時間がかかりそうです。
幸いなことに配当金には変更がありませんでしたが、いつまで続くか怪しいものです。

④ブライトパスバイオ

ラクオリア創薬以外に買っているバイオ銘柄です。
以前は非常に株価が好調な時期もありましたが、大きな治験の失敗により株価は一気に下落してしまいました。
癌という難しい領域をターゲットにしている分、当たれば大きい部分はありますが、今のところは厳しい状況が続いています。

スクリーンショット 2020-05-26 12.06.10

決算についてはもはや言及することがない感じです。
早く大きな成果を出してくれるように祈るのみです。

終わり

いかがでしたでしょうか。
決算がイマイチだった銘柄もありますが、自分のスタンスでは頻繁に売買することはないので、このまま保有を続けて様子を見たいと思っています。
だが、ブライトパスバイオ、オメーはだめだ。





 ↓ブログランキングに登録しています。クリックしていただけると励みになります。

筋力トレーニングランキング

うつ状態ランキング

ダイエットランキング

 コメント一覧 (2)

    • 1. 筋トレ初心者
    • 2020年05月26日 17:23
    • 5 コロナウィルスの影響は大きいみたいですね😔お薬関係の会社とかは安定しているのかなと思ってたのですがそうでもないんですね💦
    • 2. mahuyuchan
    • 2020年05月26日 17:55
    • 薬自体を作って販売している会社の業績は、薬が生活に不可欠なものであるために大きく変動しないのですが、新しい薬を作るために研究をしている会社は、ヒット商品が出るまでは赤字続きなことが多いです。
      当たれば大きいですが、初心者は避けるべきだと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字