どうも、ただのうつ病ボディビルダーです。

最近は一般向けの記事が多かったと思うので、たまにはマニアックな内容の記事を書いてみたいと思います。
以前の記事で書いたかもしれないので、二度目になってしまったら申し訳ありません(記事の量が多かったので確認できていない部分があるかもしれません)。




タイトルにあるように、サンプレイで習ったジャイアントセットの紹介です。

ジャイアントセットとは、通常4種目以上のトレーニングを間に休息を挟まずに行うものです。
サンプレイの宮畑会長は、オリジナルのマシンの使い方やジャイアントセットをいろいろ隠し持っているのですが、その中で教えてもらったものの一つです。

種目は以下の通りです。

ダンベルカール
ダンベルショルダープレス
ダンベルサイドレイズ
ダンベルリアレイズ

これらを各10回から15回程度で、間に休みを取らずに連続で行います。

重量設定は最初のダンベルカールがギリギリ行えるくらいがいいと思います。

この種目の良いところは、4種目を連続で行った後、肩まわりの意識がすごく高まり、以降の種目がよく効きやすくなる点です。
自分は肩の日の一番最初の種目として行っていたほか、減量期には、毎回のトレーニングの最初に行っていました。

会長に元々教えてもらった時は、大会前の仕上げの種目としてでした。
サンプレイではこの種目を多くの人が取り入れており、みんな効果があると言っていたように記憶しています。
中には、このジャイアントセットにさらに自分で種目を加えて、以下のようにしていた方もいました。

チンニング
ダンベルカール
ダンベルショルダープレス
ダンベルサイドレイズ
ダンベルリアレイズ
クイックプッシュアップ
スロープッシュアップ

自分も大会前にその方に習ってやっていた時期がありましたが、スロープッシュアップは疲労が溜まってまともにできないくらいだったのを覚えています。

ジャイアントセットはどうしても種目ごとの使用重量が下がってしまいますが、このように他の種目の効きを良くする目的であったり、コンテスト前のカット出しのためであったりするならば、取り入れるのもいいと思います。
 


↓ブログランキングに登録しています。クリックしていただけると励みになります。

筋力トレーニングランキング

うつ状態ランキング

ダイエットランキング

コメントする

名前
 
  絵文字