どうも、ただのうつ病ボディビルダーです。




昨日は脚のトレーニングを行い、本来のサイクルならばその翌日はトレーニングは休みなのですが、今日は天候がよく、庭でトレーニングができるチャンスだったので、急遽背中のトレーニングを行いました。


背中はダンベルで行える種目が限られているため、庭でやる種目に公園でのチンニングを加えてなんとかトレーニングメニューの体裁を整えている感じです。
ジムのような大掛かりなマシンがなくとも、せめてバーベルがあればもう少し強度の高い種目ができるのになあと思っています。


今日は以下のような感じで種目を配置しました。


1種目目
チンニング

公園の鉄棒で行いますが、かなり鉄棒の高さが低いので、膝を曲げても本当にギリギリ地面につくかつかないか位の位置になります。

以前はチンニングでは15kg程度の加重をして行っていましたが、今は筋力の低下が著しく、とてもじゃないですが加重はできません。
むしろ、自重ですらまともにトレーニングできていない状態なので、繰り返し行って基礎的な筋力を高めていかないといけません。

自重で、5回、3回、3回、2回でした。

shutterstock_269763026-689x689

↑早くこれになりたいです。


2種目目
ダンベルシュラッグ

Shrug

ジムに通っていた時はバーベルでのシュラッグを主に行っていましたが、ダンベルでもできることに気づき種目に加えました。
僧帽筋は筋力の大きい筋肉なので、始める前は簡単にできるだろうと思っていましたが、やはり8ヶ月間ジムに行かなかった代償は大きく、ほとんどまともにトレーニングすることができませんでした。
チンニング同様に、少しずつ筋力を取り戻していく必要があると感じました。 

両手にそれぞれ20kgを持って、15回、12回、9回でした。


3種目目
ワンハンドロー

onehand-row

3種目目はワンハンドローですが、実はこの種目は昔からかなり苦手です。 
その理由としては、マシンのロウイングエクササイズと比べて軌道の自由度が高いため、ビタッと効くルートを定めるのが難しいことが挙げられます。
以前に東大のジムでトレーニングしていた時は、効かせることを無視してひたすら重量を追い求めることもしましたが、あまり効果があったようには思いません。
やはり、丁寧なフォームで効く軌道を模索する必要がありそうです。

30kgで8回3セットでした。


どこの部位も筋力が著しく低下していてかなりゲンナリしていますが、ここからマッスルメモリーを発揮して、なんとか昔のようなところまで戻せれば良いなと思っています。

↓ブログランキングに登録しています。クリックしていただけると励みになります。

筋力トレーニングランキング

うつ状態ランキング 

コメントする

名前
 
  絵文字