mahuyuchanのボディビル&ダイエット(+その他日常)

ボディビル、トレーニング、ダイエット等について書いてます。 2019年より、日常のことも備忘として自分用に書いていこうと思います。

うつ状態

ロングスリーパーと睡眠の質について

今日はロングスリーパーについて調べていました。

睡眠のタイプは3種類あるようで、1つ目が、睡眠時間6時間以内でも活動ができるショートスリーパー、2つ目が、睡眠時間10時間以上が必要なロングスリーパー、3つ目が、6時間から10時間の間で流動的に対応できるバリアブルスリーパーとのことです。

どうやら、睡眠タイプは睡眠時間と睡眠の質によって決まるようです。 
短い時間しか眠っていなくても、睡眠の質が高くぐっすり眠れる人はショートスリーパーと位置づけることができ、逆に睡眠の質が低い場合は、その分、長時間の睡眠が必要となるそうです。
自分は入眠までにかかる時間が長く、かつ睡眠の質も低く、夜中に何度も目が覚めるため、長い睡眠時間が必要となっています。
しかしながら逆の言い方をすれば、睡眠の質さえ高めることができれば、睡眠時間をもう少し短くできる可能性もあるということです。

今は就寝前は、眠剤1種類に加えて、抗不安薬を飲んだり飲まなかったりですが、これに睡眠の質を高めるサプリメントを加えてみようと思っています。

目を付けたのは、最近twitterで有名になったキューピーコーワヒーリングです。


 
使用者のコメントは、5時間しか眠ってなくても十分に体の疲れが取れているというようなものでした。
これはすなわち、睡眠の質が高まったことと同じと言えると思います。
ただ、残念なことに、世間に一気に広まったために今は品薄でどこでも手に入れることができません。
もう少し下火にならないと手に入れるのは難しそうです。


キューピーコーワヒーリング以外で試してみようと思ったのがメラトニンです。
これは存在は今までずっと知っていましたが、実際に使ったことはありませんでした。
メラトニンは、夜になると分泌される物質で、体を睡眠の方向へと導く作用があります。
海外ではサプリメントの形式で販売されているのですが、日本では規制が厳しいのかサプリメントとしては販売されていません。
また薬としての販売もないため、実質日本でこのサプリメントを利用したければ、海外サイトから輸入しないといけないことになります。 
今回はiHerbでメラトニンの1mgを注文しました。
3mgや10mgのものもあったのですが、大量に摂取しない方がよいとの記事も見たので、まずは1mgから試してみようと思います。

少しでも睡眠の質を高めて、普通の人と同じように生活できればよいなと思っています。 

↓クリックしてもらえると励みになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 

元気に過ごしたい

精神病(うつ状態)を患って10年になることは前回の記事に書きましたが、本当にこの10年は長かったように感じます。
普通の人よりストレス耐性が低く、また几帳面であることが症状の悪化に拍車をかけています。
この10年は元気に過ごしてきた時期というものがなく、常に体調に振り回されながら過ごしてきました。
もちろん、比較的体調が安定していた時期もありましたが、多くの精神病は、治ったように見えていてもちょっとしたきっかけで症状が再発して元に戻ってしまうため、10年間というくくりで見れば体調の悪い時期が長かったと思います。

一番体調が悪かったのが大学2年から3年にかけての頃で、ほとんど学校に行けず寝たきりだったことを覚えています。
何かをやりたいという気持ちが一切なくなり、毎日死ぬことのみを考えていました。
その時期は本当に地獄で、食事もちゃんと食べられないことがあったくらいです。
それでも、学生という立場は気楽で、自分で働かなくても生活できるのは救いでした。


次に体調が悪い時期は現在進行形で今だと思っています。
難関を突破して入った職場でしたが、パワハラが原因で辞めることになり、それで自分の心が折れてしまった感じです。
難関だけあって条件もよい職場だったので、辞めることにより生じた将来の不安も体調を悪化させました。
一時は上司に復讐することをずっと考えていましたが、今はやめました。
復讐しても体調がよくなるわけではないからです。

今現在のうつ状態の症状は以下のような感じです。

・不眠
・強い不安感
・全身の倦怠感

不眠は大学1年の時からずっとで、普通の人のように夜になると眠くなって眠るという行為をもう10年はしていません。
眠剤も色々試しましたが、あまり最適なものが見つかっておらず、飲んでもすんなり眠れることはほとんどありません。
また、眠りが極端に浅いため、夜中には2〜3回は目が覚めます。

強い不安感については、将来のことや、自分の体調のことを考えるたびに襲われます。
なぜ自分は普通の人のように働いて幸せに生きることができなくなってしまったのかと考えるたびに暗い気持ちになります。
こうなったときは抗不安薬を飲んで気を紛らせます。

全身の倦怠感は、おそらく不眠から来ているものと思います。
人間の体は夜間に修復されるため、しっかり睡眠が取れないと回復が間に合わないのだと思います。
このあたりは、回復を促すサプリがあるみたいなので試してみたいと思います。


沢山の幸せを得たいとは言わないので、せめて人並みに生活できるようにはなりたいと思っています。
症状が落ち着いた状態が続いてくれればそれも無理な話ではないと思っているので、とりあえずは体調がよくなることを祈るのみです。
休職したことでいくらか体調はマシになった気がしないでもないので、この調子で改善していきたいと思います。

いつかは元気に過ごせるようになったらいいなと思っています。

↓クリックしてもらえると励みになります↓

生きているだけで精一杯

今日は久しぶりに早起きできてウォーキングに出かけたのですが、あいにく途中で雨が降り出したのでほとんど歩かずに家に帰りました。
最初の出勤まではきちんと早起きを続けて、準備万端で仕事に臨めるようにしたいです。

仕事を頑張りたいという気持ちはもちろんあるのですが、その一方で、やはり生きていくのがとても辛いという気持ちもあります。
これまで頑張ってきたことや苦労したことを考えると、もう頑張らなくていいのではないかと思えます。
もちろん、うつ状態で思考が悪い方へ進んでいることがその原因の一つですが、そうでなかったとしても自分はうまく世の中で生きていくことができなかっただろうなと思います。
周りの人が普通に生活して普通の幸せを得ているのがとても羨ましく思いますが、自分には高すぎるハードルでした。

大学入学時からずっと精神病を患っていて、今月で通院を始めて10年になりました。
10年間もがき苦しみながら生きてきたことは、なかなか健常者には伝わらないことが多く、悲しく思うことがよくあります。
体調がよくなった時期もありましたが、少しのきっかけでまた悪くなってしまうため、全体で見るとほとんど意味のない10年間を過ごしたような気がします。
常に頭の片隅には自殺することが浮かんでいましたし、実際に自殺未遂も2回しています。

普通の人は何が楽しくて毎日生活できるのでしょうか。
当然、健常者でも仕事は大変でそこからストレスを感じることはあると思います。
それをどのようにして受け流しているかが大変気になります。
自分はもともとストレスに対する耐性が極端に低いのかもしれません。
少しのことでイライラしたり落ち込んだりする性格が、病気にも悪影響を与えていると思っています。
ただ、こればかりは幼少期からの過ごし方で身についたものなのでどうしようもないです。
これからできることは、少しでも自分にかかるストレスを軽減できるように生活していくことですが、そのために神経を使うと結局疲労する気もします。 

本当に生きているだけで精一杯のように感じています。
普通の人のように仕事をすることを諦め、障害年金をもらいながら実家で生活するのがよいのかもしれません。
毎日辛いです。
心穏やかに日々を送れるようになりたかったです。
頑張ってよい大学に入って勉強も続けたのにこんなことになってしまって非常に残念です。

トレーニングは脳機能の改善によいということは何度も書いていますが、最近はその効果をあまり感じられないほど脳が疲弊しているように思います。
ただ、トレーニングができているうちはまだマシなので、これができなくならないようには注意して生活していきたいです。 

↓共感されましたらクリックをお願いします。 ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

頑張った分だけ損する人生

今日は天候が悪かったこともあり、1日体調が悪かったです。
早起きするようになってから以前ほどは体調を崩さなくなりましたが、まだ安定したと言うには遠く感じます。
普通の人のように、朝起きて仕事に行くという生活も遠く感じますが、来月からはそれを実行しないといけないので焦りがあります。

家で休みながら、タイトルのようのことを考えていました。
これは別に今日に限ったことではなく、体調が悪い時にはいつも考えていることです。
自分は今までなんのために頑張ってきて、それで何を得たのかと考えますが、結局頑張れば頑張るほど不幸になっていったとしか思えません。
大学受験のあたりから人生が狂い始めたように思いますが、今更どうにもなりませんし、修正することももはや困難な気がします。

東大に入ったらみんな幸せになると一般の人は思うかもしれませんが、現実はそうでもないと思います。
多くの人は確かに幸せになれると思いますが、中には自分のようにメンタルをやられて再起不能になる人もいると聞きます。
東大生の精神疾患罹患率は高いというような記事を見たことがある気もします。
一般的な人よりも、いろいろなことについて深く考えすぎなのがその原因だと、自分を観察して思います。
もう少し鈍感かつ気楽に人生を送ることができればどんなによかったかと思いますが、こればかりは自分の性格なので変えることが難しく、結局落ちるところまで落ちてしまいました。

自分のことを反面教師とするならば、周りの人には頑張りすぎないで人生を送って欲しいと思います。
コツコツ頑張って何かを積み上げても、小さなきっかけではそれはすぐに崩れてしまいます。
それならば、最初からそれほど頑張らず、小さな幸せに満足して生きていく方がよっぽどいいと思います。
楽しく生きている人が羨ましいです。

うつ状態で若干の体調不良

今朝はいつもより体調が悪く、7時に起きました。
朝食を食べてから10時頃まで様子を見ましたが、一向に体調が改善しないため、精神安定剤を飲んで少し眠りました。
3時間ほど眠ったのですが、それでもあまりよくなっておらず、若干しんどいです。

仕事が始まったら、平日はなんとか乗り切って、休日にうまく体調を回復できるようにしないと、長く続けるのがまた難しくなってしまうと思っています。
今の自分の状態を見る限り、完治するということは全くありえないことに思えるため、うまく付き合っていく方法を模索しないといけません。
とりあえずは、精神安定剤を飲んで寝れば急場はしのげますが、あまり乱用するとその効き目もなくなってしまうため注意が必要です。

普通の人が当たり前にやっている、朝起きて仕事に行き、休日は楽しんで過ごすということが自分にとってはとてもハードルが高いです。
どうせなら楽しく人生を送っていきたかったですが、それが実現するまでには克服しないといけない障害が多過ぎる気がしています。
正直なところ、生きているだけでも相当頑張っていると思っています。

トレーニングは脳機能の改善にもよいと言われているので、それだけは何としてでも続けていくようにしたいです。
そのためには、できるだけその他の生活からのストレスを軽減することが必要かと思っています。
新しい職場の人間関係が悪くないことを期待するのみです。
記事検索
最新コメント
過去のBIG3のMAX

SQ 170kg 体重 75kg
(2015/7/29)
175kg←深さ?
(2012/11/5)
BP 120kg 体重74.6kg
(2016/9/26)
117.5kg 体重 75kg
(2015/3/2)
DL 207.5kg 体重72.9kg
(2016/8/18)
205kg 体重71.8kg
(2016/8/10)

リハビリ目標
(2019/3/10更新)

スクワット 170kg
ベンチプレス 120kgクリア
デッドリフト 200kgクリア
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

コンタクト